blog

【お客様インタビュー】 株式会社TOGHLIFE 埜谷社長

2016.07.08

【お客様インタビュー】 株式会社TOGHLIFE 埜谷社長

今回は、株式会社TOGHLIFEの埜谷社長にお話しを伺いました。

 

Q1.S-DREAMを選んだきっかけはな何ですか?
採用活動の動画制作を探していたのがきっかけです。元々佐々木さん(S-point社長)とは繋がりがあったのですが、動画制作会社を検索しヒットしたのが、S-DREAMさんでした。西村さん(鳥開社長)の動画を見て「佐々木さんのとここんなこともやっているんだ!」
というので電話しました。

Q2.実際、お仕事でやりとりしてみてどうでしたか?
「この人違うな。ここにお願いした方がいいな」と直感でした。
僕自身、以前にHP制作で痛い目にあったことがあり、相手へ勝手にフィルターをかけていました。やはり動画制作ってプロなので、どこに頼んでもきれいだし、かっこいいものは作ってくれるんです。しかし、それができても集客には繋がりませんでした。S-DREAMさんとも全然わからずに話を進めていました。しかし、河崎さんとお話する中でマーケティングの用語や知識、話の進め方がわかりやすかったんです。他とは違う感覚でした。

03

Q3.完成した映像を見ての感想を教えてください。
よかったの一言です。今まで映像を使用したことがなかったので、自社の成長も感じられて嬉しいし、なのより映像に出演したスタッフも喜んでくれました。そして私と感じたことと同じように、「自分の入った会社でこんなことができるなんて思ってもみませんでした!」とスタッフみんなからの嬉しい反響がすごくありました。なので、リクルート動画ですが、スタッフのモチベーションという意味でもすごく効果がありました。

Q4.改善点などはありましたか?
インタビューするスタッフの数が多かったので、尺が長かったかなと感じました。最後の僕の言葉が一番の響かなければいけないところなのですが、映像が長すぎて、見ている人を飽きさせないのか不安です。2分半、3分でも同じ現象は起こると思うんでが、長すぎるとと、そこたどり着く確立はおちるのかなと思います。しかし撮影時など、S-DREAMさんとやりとりしていく中で困ったことは何もなかったです。

04

Q5.実際映像を使って、目的達成の部分で成果はありましたか?
まだ、目に見えた成果はありません。採用部分なので、爆発的な問い合わせはないと思います。なので長い目で見て使っていきたいなと思っています。
面接するときに、アクションが起こった課程で、動画がキーポイントとなるような可能性は大いにあると思います。しかしながら、あらゆるところから、見ました!という反響はたくさんあります。YouTubeのコメントが知り合いからきていて驚きました。このような拡散がブランドイメージを作っていくのだと思います。

Q6.今後、サービス提供させていただくときに、拡散の方法、目的達成のポイントをおさえたものをお渡しできたらありがたいとかありますか?
そういう知識はみなさん無いと思いますし、その必要性をどれだけ理解
しているのかにもよると思います。Facebookのいいねの数を競っている部分があるけれど、いいね!と売上って比例しないので、そのようなことをわかっていない人に対して、マーケティングや拡散の方法の教育などのツールなどがあるといいんじゃないかなと思います。


Q7.これから、S-DREAMへ依頼される方へメッセージをお願いします。
訴求のポイントってあってますかと伝えたいです。僕も昔はわからなかったけど、勉強しだしてそこがもの凄く大切なポイントなんだなと思うようになりました。いくら技術がよくて、職人のこだわりが強くてもお客様からしたら、どうでもいいで終わってしまうんです。なので、HP制作も動画制作も、自分たちがかっこいいのはどうでもよくて、相手に響くかどうかだと思います。そこには担当した人の言葉やしゃべり方でしか計れないことだと思っています。今後、自社の成長とともに、新しい映像も依頼していければなと思っています。

05

取材のご協力ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。

著者プロフィール

河崎 呈
http://sdream.jp/staff/

S-DREAM プロデューサー 鋭い視点と、柔らかく場を包む雰囲気作りが持ち味。

宇宙船1 宇宙船2 宇宙飛行士

Copyright © S-DREAM CO.,LTD All Right Reserved.

  • facebook
  • PAGE TOP